アメブロカスタムとワードプレス制作を通して"好きなことで輝きたい"一人で起業する女性の起業サポート

ブログとホームページの記事を書き分けるには?

 

ひとめボレ起業プロデューサー

清水よふ子です。

 

「アメブロとワードプレスを運用するとき、どう書き分けたら良いですか?」

 

私のお客様に

よく質問をいただいているので、

回答させていただきたいと思います^^

 

 

アメブロと

ワードプレスを運用するとき、

まずは、このように意識しましょう♪

 

アメブロ「量」

ワードプレス「質」

 

 

これはどういうことか、分かりますか?

 

アメブロは

登録されている起業女性が多く、

アクセスが集まりやすいメリットがあるので

 

最高1日に3回でも多く記事を投稿すると、

アクセスが集まりやすくなるメリットがあります。

 

記事の内容が

軽く触れる程度でも

長くてても、お客様は見てくれます。

 

 

そのかわり、

ワードプレスは

記事の質を上げることを

意識することをお勧めします。

 

 

一般的に、ワードプレスは

1記事に「1000〜1500文字数以上」は書いた方がいいと言われています。

 

文字数が多ければ多いほど、

提供している情報の価値が高まり

 

SEO対策にも有利になってくる

というメリットがあるからなんです。

 

 

分かりやすくイメージするなら、

 

ブログ「専門家の集ったコミュニティ」

ホームページ「ザ・専門家の独壇場」

 

ですね。

 

違いがなんとなく分かりませんか?

 

 

ワードプレスは、

検索エンジン対策の8割が

解決されるシステムが作られている

とGoogle専門家でも評価されています。

 

 

つまり、

検索エンジンから

やってきたお客様は、

「自身の悩みを解決したい」

その目的を持って訪問しています。

 

 

悩みを

解決するために

ワードプレスの記事を読んでいるので、

 

もし記事の内容が

短くて薄っぺらい中身だと、

「来た意味がない」とすぐ離れてしまいます。

 

 

ホームページの

記事を最後まで読んでもらうには、

 

 ・お客様にしっかりと価値を提供できる内容になっているか

・悩みや問題を解決できる内容になっているか

 

この2つを意識して書いていくことが大事です。

 

例えば、

このように書くと良いです^^

 

…記事………………………
〈冒頭〉
悩みはどのようなことがあるか

〈中間〉
どうやって悩みを解決していくか

〈最後〉
悩み解決の糸口を紹介
…………………………

 

ここまで読んだら、

読者の大抵は満足します。

 

すると、ワードプレスの

記事コンテンツの価値が上がり、

 

インターネットも

記事コンテンツの価値を認め、

SEO対策の効果が出るようになるんです。

 

 

本当に

不思議なのですが、

 

そこがアメブロと

ワードプレスの違いなんですよね。

 

 

アメブロとワードプレスを

併用して運用していくのであれば、

 

・アメブロは毎日でも更新する=「量」

・ワードプレスは週に2〜3回ぐらい更新する=「質」

 

と意識してみましょう。

 

 

初めは上手く書けなくても

毎日書くのを繰り返していけば、

だんだんどう書けばいいのか分かってきます。

 

書く練習を積むのは「アメブロ」が一番オススメです♪

 

 

そして、

書く練習を積めば積むほど、

ホームページの記事にもたくさん

書けるようになることに繋がります^^

 

 

今まで

やってきた努力は

あなたを裏切りません。

 

 

アメブロと

ワードプレスを運用しているかたは、

ぜひ「量」と「質」を意識されてみてください。

 

 

集客は日々の改善の繰り返しです。

 

 

長くなりましたが、

ぜひご参考にされてください♪

 

 

ひとめボレ起業プロデューサー

清水よふ子

 

 

こんなことに悩んでいませんか?

アメブロ初心者の起業女性さん必見!

・自己流で頑張ってきたけど、もうお手上げ…
・ビジネスブログを整えるコツが分からない
・魅力が伝わるブログって?
・理想のお客様が集まる発信の仕方を知りたい
・今のブログはこのままでお客様に伝わるか不安…
・お申込みが思うように入らない

今なら、誰もが教えてくれない
「魅力が伝わるブログの作り方8つの秘訣」
無料で受け取れます!


無料メール講座を読んでみる

Follow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA